シミと肝斑の治療は一緒じゃない!!

私の肌質は乾燥肌の24歳です。ヴィオテラスCセラム

10代のスキンケアは洗顔、化粧水、乳液だけでしたが、

思春期時代、乾燥肌のこともあり顔に油分が少ないためニキビなど出来にくく周りから肌綺麗と言われてきました。

なのでそれで充分だと思っていました。

しかし、20歳を過ぎたあたりから両頬に薄くシミのようなものが浮かび上がってきました。私は知人に美容クリニックで勤めているカウンセラーがいたためフォトフェイシャルなどシミを薄くする施術を21歳頃からしてきました。

しかし1年近く施術を続けましたか一向に良くなりません、むしろ濃くなってきました。なので皮膚科の専門の先生に見てもらったところ私のはシミではなく肝斑と言われるシミの一種でした。

肝斑もシミの一種ならフォトフェイシャルでも消えるはずと私はその時思いましたが、肝斑は肝斑専用のレーザー治療でないとかえって悪化させてしまうという説明をその時されました。

肝斑はシミと違い若いときから出るシミの一種だそうで紫外線はあまり関係しておらず、女性ホルモンのバランスが原因だったり、乾燥肌、摩擦が原因と言われておりますが明確な治療方法がないとも言われているそうです。

今現在、肝斑は毎日飲み薬と塗り薬を続け、月に1度肝斑専用レーザーを受けておりますが消えてはおりません。

フォトフェイシャルによって一度濃くなってしまったので結構な時間がかかってしまうそうです。

私はもっと早くちゃんと肌を見てもらって正しい治療法を知っていたら今ごろ肝斑もなくなっていたのにと後悔しております。

ですので、これを読んだ方は私と同じ失敗をしないようどんなシミなのか専用の先生に診てもらうことおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。