皮膚科が最強?市販の限界とは?

女性お笑い芸人が出演していたCMに「ニキビには皮膚科が一番!」といったキャッチコピーのものがありました。

あのCMは正解ですね。

これは私の体験談ですが、「もう少し早く皮膚科に行っていれば…」といったキャッチコピーのポスターが美容皮膚科に貼ってあるのを見たことがあります。

これも大正解ですね。

http://swachhtaactionplan.com/

つまり、何が言いたいかというと、「肌トラブルには皮膚科が最強」ということです。

市販の化粧水やクリームの成分は肌にあまり浸透しないため、軽い保湿効果しかないといった研究結果があるらしいですが、これも半分正解で半分間違いです。

正しくは、「最低でも8000円から10000円以内の化粧品には一定の効果がある」が正解です。

高いものにはそれなりの成分をきちんと配合しているので、安いものよりかは肌に馴染んでいきます。

しかし、肌のケアのために月に何万も払うのはお財布が可愛そうですよね?

そこで美容皮膚科を利用して肌のケアをするのです。保険の効くレーザーや、格安のシミ消しなどを行ってくれる美容皮膚科もあるので、自分の住んでいる地域にある皮膚科をよく調べてみると良いかと思います。

まとめとして、何万もかけて市販の化粧品を買うのは考え方によっては勿体ないです_φ(・_・

それより格安でより高度な治療を施してくれる皮膚科を検討してみましょう!