お肌の悩みについてはニキビ

にきび(ニキビ)は主に思春期に発症し、思春期のシンボルとも言われますが、20代・30代でもにきびで悩む方は多くいらっしゃいます。思春期後のにきびは、大人にきびと表現されることもあり、にきび以外にもにきび痕や毛穴の目立ち、乾燥などといった複数の肌悩みも持つ傾向にあります。http://www.welhamgreen.org/
にきびは皮脂の分泌の多い思春期に経験することが多いことから、皮脂が原因と思われがちですが、過剰な皮脂分泌だけが原因ではありません。年齢・ホルモンバランス・ストレス・生活習慣の乱れ・間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が複雑にお肌に影響を与えます。これらの要因によってお肌のターンオーバーが乱れ、古い角質や過剰に分泌された皮脂などで毛穴がつまることによってはじまります。

にきび肌のスキンケアでは、にきびができにくい肌環境にととのえることが大切です。お肌を清潔に保ち、にきび肌に適したうるおいを補給し、毛穴のつまりを防ぎましょう。

スキンケアの基本はお肌を清潔にし(洗浄)、うるおいを与え(保湿)、紫外線からまもり(遮光)、美しくよそおう(メイク)ことです。基本をしっかりおこなうことで、皮膚を健康で正常な状態に保つことができます。

過剰な皮脂や洗い残った化粧品などは、にきびの悪化の原因になります。にきび肌に適したメイク落としや洗顔料を選択し、お肌を清潔に保つことが、にきび肌のスキンケアの第一歩です。洗顔料を使った洗顔は1日2回(朝晩)が目安です。

洗顔後はお肌にうるおいを与えましょう。油分の入った化粧品はにきびの原因になるかもしれないと、乳液や保湿クリームを使うことに不安がある方もいらっしゃるかもしれません。化粧水のみの保湿ではお肌のうるおいを十分に保つことができないため、お肌はすぐに乾燥してしまいます。お肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、古い角質がたまりやすくなり、毛穴がつまる原因にもなります。適度な保湿をすることで肌質がよくなり、過剰な皮脂もコントロールされます。にきび肌に適した化粧水、乳液やクリームを使ってお肌にしっかりとうるおいを与えましょう。

また紫外線もにきびが悪化する原因のひとつです。紫外線によって活性酸素が発生し、皮膚のバリア機能が低下します。これによってお肌は乾燥し、毛穴がつまりやすくなり、にきびの悪化にもつながります。外出の際にはサンスクリーン剤(日やけ止め)を塗り、紫外線をカットしましょう!