【ダイエットは体型じゃなく習慣から変える】

【体型を変えるは間違い】

ダイエットで一番陥りがちな間違いは、ゴールを「痩せること」に持っていくことです。

この考え方を変えなくては、今行なっている努力は全く意味を為しません。

何故なのかというと、体型とは自身の「習慣」を表しているからです。ただ闇雲に体を痩せるだけでは間違いなくリバウンドを起こしたり、長続きせず挫折といった結果を招きます。

そこで一番重要なのは、「習慣」を変えることになります。

ユーグレナ

【習慣を変えるとは】

間食をする「習慣」、食べた後にすぐに寝る「習慣」、これらの「習慣」の部分を変えていく必要があります。

例えば、「体型」を変えることに意識を置いてしまうと、痩せるために間食を「我慢」するに意識が変わってしまいます。はっきり言って我慢は長続きしません。

「習慣」を変えるとすれば、例えば間食をする前に運動する「習慣」を身につける。

習慣と意識を変えるだけで全然違います。勿論、習慣化させる為には相当な努力が必要になります。しかし、その努力を切り抜けた先には「習慣」から「癖」昇華されている筈です。

痩せる習慣の癖が付けば、リバウンドや長続きによるドロップアウトは起きませんよね。

【簡単な例を紹介】

習慣を変えることに置いて一番簡単なものを教えておきます。

・食事後の睡眠

太る要因の一番が食事後の行動にあると言われます。

食事後の1時間は横になる習慣をつけてはいけません。

食後の1時間を横になってしまうと食べた物を全て吸収してしまいます。この1時間の習慣を変えるだけで大きく変わります。

【おわり】

今回は一つだけでしたが、一つずつ生活を変えていくことで理想的な習慣を身につけられる筈です。

まずは、習慣から。

理想的な習慣は理想的な体型に繋がります。