髪のお手入れは油断禁物

日本人の多くは黒髪で直毛で硬めの人が多く、これはアジア人の特徴ですよね。
若い時は艶があり、伸ばしっぱなしのロングヘアでも美しく様になりますが、誰でも歳を取っていきますので、お手入れをどれだけするかによって5年後10年後の髪そのものが大きく変わってきます。

ニューモ育毛剤は効果なし?購入して使った口コミと辛口評価をお届け!

髪って意外と他人に見られているもので、年齢が出やすいパーツです。髪の毛って毛根には生きている細胞があるけど伸びた髪の毛の細胞は既に死んでいるのです。だから若いから何もしなくていいといわけではないんです、若い時からぜひお手入れをし続けることをオススメします。

紫外線、外気に常にさらされている髪は毎日酷使されてるまのでお手入れで栄養や潤い艶を出せるコーティングが必要です。お手入れ方法のステップは、
①たっぷりのシャワーで頭を良く濡らします

②頭皮や髪に優しいアミノ酸系のシャンプーで頭皮汚れは指の腹でしっかり洗い、髪自体は優しく撫でるように洗います。

髪の毛の汚れはシャンプー無しでもほぼ汚れは取れますが、ワックス等を付けている場合が多いのでしっかり洗い流します③たっぷりのシャワーでシャンプーを洗い流します。顔まわりにシャンプー剤が残りやすいので、念入りに洗い流してください

④乾いたタオルで頭皮をよく拭き、髪の毛自体はタオルで挟んでトントンと水分を吸い取るようにします。濡れた髪はキューティクルが剥がれやすいのでゴシゴシはNGです

⑤コンディショナーは毛先だけに付けて流す、物によってすぐに洗い流しすものか、しばらく置くものがあるので、使用後は簡単にシャワーで洗い流します。頭皮についたものはよく流してください

⑥ドライヤーをする前にヘアオイルか洗い流さないトリートメントでせめて毛先をコーティングしてドライヤーの熱からブロックしてください

⑦目の粗いコームで優しく少しとかし、前髪からドライヤーを乾かし始めてください。前髪がない場合は左右斜め45°からドライヤーの風を当てますがドライヤーを左右持ち替えて乾かしていきます。

以上がデイリーのお手入れ方法です。髪の毛を濡れたまま放置、自然乾燥は髪に最悪なダメージを与えますのでお気をつけてくださいね。