細かく点在するシミ…どうしてますか?

はなのいろはうつりにけりないたずらに…小野小町だとはいわないが、
若いときよりもきれいな自分であることは、大体の人にとって、多分ないわけで…。

セシュレルの効果と口コミ!

私は、学生時代はぽっちゃりしていたけれども、色白が自慢だった。40過ぎて自分の肌を振り返ると、いっそ日サロで真っ黒に日焼けした方が
見えないのだろうかと思うほどに、細かいシミがいっぱいだ。

思えば、若いときの喫煙が良くなかった。
20歳のころ、口と鼻の間に細かいシミができて、非常に気になっていたが、友人にたばこジミだと言われた。せめてこのシミだけでもどうにかならないものかと
思い悩んでいた。

このほかには特に気になる肌トラブルがなかったので、シミは化粧で隠していた。
30才の頃にはタバコをやめていたのだが、35歳を過ぎるころ、頬の部分にも大きなシミができ始め、ひどくシミが気になるようになった。

「シミしわニキビ、乾燥がすべての大敵です。」有名デパートの化粧品コーナーで、販売員からそう聞いたのを思い出し、安価なフェイスパックを一日2回するようにした。

夜パックをしようとすると、パックが乾くまで寝ることができないので、朝2回するようにした。
それに加えて、豆乳ローションを使うようになり、効果があったのか、今ではあの頑固だった口の上の細かいシミもほとんど見えないくらいにうすい。

ただ夏になると戻ってしまうので、他のシミと合わせて、よいスキンケアを探しているが、肌の若返りはまだまだ遠い夢なのだろうか。