ニキビによる悩み マスク着用で増える原因

近頃、マスク着用する方が増えてきていますが、
ウィルスを防止で仕方のない部分もありますが、肌があれたり
ニキビができ悩まされているかたも多いです。

でも、外出時には欠かせない物になりつつあり、
外さないわけにもいかないですよね。

今回は、マスクによる肌あれ・ニキビの原因と改善方法を紹介していきます。

効果あり?セシュレルの口コミ評価や一番お得な通販サイト情報を暴露します!
肌荒れ・ニキビの原因

①蒸れやすくなる

  マスクを着用していると通気性が悪く、マスクの中の温度が
  上がり、汗をかきやすくり、乾燥もしにくいので中で汗が
  残ってしまいます。

  汗がマスクに染み込み、長時間つけていると
  蒸れやすくなり、肌荒れやニキビの原因になります。

  また、外でマスクを取ると紫外線により、
  肌が乾燥しやすくなるので、しっかり保湿をすることが大切です。

②摩擦により肌を傷つける

食事をする際や、人と話すときにマスクを
外すかと思いますが、肌にマスクがこすれて
ニキビができる原因になることもあります。

何度も付けたり外したりすることで、肌をこすってしまい、
肌に必要な角層がはがれやすくなる。

角層がはずれることによって、肌が乾燥しやすくなったり、
紫外線などからのダメージを受けやすくなるそうです。

肌荒れやニキビを防ぐ方法

①スキンケアを徹底する

「結局かよ」と思うかもしれませんが、
肌を清潔に保つには、正しいスキンケア方法で
自分の肌質にあった洗顔・化粧水・乳液をつけ
肌のバリア機能を維持することが大切です。

また、スキンケアだけでなく、肌の「ターンオーバー」
を促すためにしっかり睡眠時間をとりましょう。

いくら高い化粧水を使用しても、睡眠がとれずニキビが増えたら、
意味がないので、6~7時間は確保するのが大切です。

②こまめに汗を拭く

フェイスシートではなく、ハンカチかタオルで
優しくこまめに汗をふきとりましょう。

フェイスシートだと、肌に必要な皮脂までとって
しまうので、ハンカチで汗が肌に長時間汗が残らないように
拭き取ることが重要です。

面倒くさいかもしれませんが、スキンケアだけでなく
紫外線や汗対策をし、肌トラブルを防ぎましょう。