オタクがプランクしてくびれが生まれた話

いろんなダイエットを試してきたけど、なかなかうまくいかない。
そう思っている一人だった私は、ぼちぼち20代も後半に差し掛かろうとしていました。

私、限界オタク24歳。
趣味はお絵かきとアニメ!職業、エンジニア!
誘われなければ一生家から出なくて済んじゃう!コロナ禍吹き荒ぶ2020年、ひきこもりにも磨きがかかる今日この頃!

http://dlamiasta.org/

きっかけは、今年になってできた友人とオンライン飲み会をした時の、彼女のひとことでした。
「○○ちゃんってグラマラスだよね!」

高校生くらいまでは痩せていると言われることの方が多かったから、自分が太っているなんていう発想すらまったくなかった私。
昔からの友人に「ちょっと太ったね」なんて言われても、まあ元から痩せてたしこれくらいが健康っしょ!と、自分が太っているという発想すらなかったのですが、さすがにこれは響きました。どっちかというとスリムとずっと言われてきて、言われたことなかったもん、グラマラスなんて。
食べる量は減らず代謝だけは落ちていき、気が付けばお腹周りがぶよぶよの自分にようやく気づいたのでした。

かと言って、ひきこもり在宅ワーカーの私が、この暑いのに外で運動しようものなら即座にぶっ倒れること必至、またコロナ禍でジムも気が引けます。
そこで私が手を出したのは、ゆるい食事制限と「プランク」。
毎日1分、腕立ての腕を伸ばした状態を一分維持する、毎日三セット、それだけ!
楽勝でしょ流石に、と思っていましたが、これが意外にきつくて、お尻が浮かないように気をつけていると、終わる頃には腹筋がプルプル痙攣してくるのです。
とはいえほかの筋トレと違って、本の特定のページを読みながらとか携帯を下に置いて出来るのが、オタクの私には合っていたみたいで、苦にはなりませんでした。

お菓子を食べないのと夕食をお豆腐にするだけのゆるっとした食事制限と合わせて続けること1ヶ月、なんと3キロ減量した上に、お腹にスラッと縦線が入り、くびれができている…!
流石に感動しました。
オタクじゃなくても、勉強中の方、家から出たくない方、いろんな方にお勧めしたいダイエットだなと思いました。