夕食前のシャワーの活用法について

ダイエットをしているなら、夕食前にシャワーを浴びるのが効果的です。
熱めのお湯(42度以上)で体を温めると、自律神経は交感神経が優位になり、10分程度の入浴で100Kcalくらいのエネルギーを消費することができます。

快糖茶を徹底レビュー!効果や口コミから解約方法まで全解説!

しかし、熱いお湯に浸かると脳も温まるので、のぼせる原因となりえます。
そこで活用したいのが、シャワーです。

熱めのシャワーを10分くらい浴びることで、その後しばらく(10~20分程度)は交感神経が優位な状態が維持されます。
この状態だと、肝臓での脂肪の合成と脂肪細胞が溜まるのを進行させるインスリンが出にくくなるので、体脂肪が溜まるのを抑制できます。

そのためには、夕食の直前にシャワーを浴びるのが有効です。
ぬるめのお湯に浸かり、自律神経の副交感神経を優位にして、心と体をリラックスさせてから熱めのシャワーを浴びることで、交感神経を優位にし体脂肪をコントロールできるようになります。

夕食前に熱めのシャワーを浴びてインスリンが出る量をコントロールするのは、元を辿るとスポーツ選手の体脂肪コントロールなどに使われている方法です。
ただし、糖尿病の人はインスリンの分泌機能が下がっているので、糖尿病患者および予備軍の人は専門家の指導を受けながら実施したほうがよいでしょう。