マスクによる擦れや蒸れによる肌トラブルケア

娘も恋するお年頃の中学生。ヴィオテラスCセラム

思春期で「女子」であることの意識が、母の私よりもすごい。

オールインワンでささっとお肌のお手入れを済ます私の隣で、鏡を見つめながら、コットンでパックをしながら化粧水を塗っている。

・・・恋する女子って、すごいパワー。

このご時世、どうしてもマスクをしなければならず、マスクによる擦れや蒸れで、肌荒れやニキビが避けられない様子なので、

これまで使っていたニキビケア用化粧水に加えて、乳液代わりになるクリームを買ってあげたら、大喜び。

鏡を見つめる時間が、とても長くなり、それに伴い睡眠時間も少なくなった。

「睡眠不足はお肌の敵ですよー」と声を大にして言いたいのだけれど、そこはフレッシュな娘。

朝起きると、プルンプルン。

化粧水やクリームの力なのか、恋の力なのか、ケアが丁寧であればあるほど、肌がみるみるうちにキレイになっていくではないか・・・。

年齢や恋のパワーには勝てないなぁ。。。

かく言う私も、お出かけするにはマスクが欠かせず、どうしても肌トラブルは避けられない。

これまで使っていたオールインワンで不満はなかったけれど、メイクがよれたり、マスクのワイヤーの跡がとれないのがキツイ。。。

しかも、これからの季節、マスク焼けをするのが恐怖でしかない。

試してみたのが、顔専用の肌色タイプの日焼け止め。BBクリームになっていて、実に使いやすく、さっと塗れるし、さらさらしていて重くない。

上から少しお粉で押さえておくと、化粧崩れも心なしかしにくくなっているようで。

あとは、ワイヤーの跡だけど・・・これだけはどうしても年齢的なものかなぁ。。。

マスクをはずすのは、帰宅して、手洗いうがいをする前にしよう。

鏡に映る自分を見るのは、ドラえもんのようなヒゲを描いたみたいで、ちょっと笑えるけど。

夏のマスク、子供にも大人にも、女性にも男性にも、これまで思いもよらなかったトラブルが待ち受けているのだろうと思いながら、

手探りでも、苦にならないマスク生活を見つけていこう。

米油でキレイになりたい

近年は健康オイルブームです。

そんな中、テレビ等で話題になったのが「米油」です。

今回は、米油の効能や摂取方法等を調べました。

http://redfarm.jp/

米油とは、米糠から抽出されたオイルのことで、米の生産が盛んな日本ならではの、嬉しい効果が期待できるスーパーフードです。

米油には、お肌や美容の為に摂取したい抗酸化物質が豊富に含有されています。抗酸化物質を構成するビタミンEの一種は、トコトリエノールというスーパービタミンEです。

トコトリエノールには、一般のビタミンEと比べて50倍も含まれています。

米糠には、美肌・美白効果がある事は良く知られています。

その米糠から抽出された米油にも、米糠と同様の美肌・美白効果があります。

米油はクセや独特の匂いが無いので、ドレッシングに加えると野菜、肉、魚介類等どんな素材にもよくあいます。

お米を炊く時に大さじ1杯の米油を入れてみて下さい。

ご飯がふっくらと炊き上がって、美味しくスーパービタミンEを摂取する事が出来ます。

米油の1日の摂取量は、大さじ1杯ほど6~7ミリグラムを摂取して下さい。注意点は、あまり沢山の量を摂取しない事です。

オイルなので、多量摂取により身体に影響が出る心配があります。

米油は米が原料なので,玄米を食べると同様の効果が得られます。

私達日本人にとって、とても身近な米から出来る米油は安心して摂取できるオイルです。

1日の摂取量を守って美肌・美白を目指しませんか。

肌の悩みはあるけれど、楽しく付き合いたい

30代を過ぎてからお肌の悩みは増えてきました。

鏡でよーく見ると20代のころに比べて明らかにほくろ、シミが増えています。

シロジャムを使った私の口コミ

私は年中日焼け止めを塗っていて気を付けているはずなのに

ぽつぽつとほくろ・シミが増えている現実はショックでした。

それ以外にもやはり30代からジワジワと見えてきたのはほうれい線でしょうか。

普段、洗面台の鏡に映った時は光の加減なのかあまりわからなかったのですが

出かけるときにふと自分の車のドアガラスに映った頬のほうれい線には驚いたものです。笑

車のガラス、ATMの鏡は本来の自分が映るものだと思っています。笑

その姿を見てからそろそろ真剣にシワ、シミ、対策をもっと頑張らねば!と感じるようになり

美顔器/スチーマー/ピーリングあらゆる方法を試しています。

効果はまだわからないのですが笑

お金はあまりかけられず、エステに通う事はあまり現実的ではないので

シミ/シワについては家で道具を使い、コツコツと頑張ろうと思っています。

あとはニキビ・ニキビ跡も悩みの1つです。

特に生理前のホルモンバランスが崩れているときはとてもひどくて!

塗り薬、ビタミンCのサプリ、何をしても効かず

生理前は鏡を見るたびゲンナリしてしまいます。

ピルを飲めばだいぶ良くなるのですが残念ながら長続きしませんでした・・。

ドラッグストアで売っているものではもう効果が期待できなくなりつつあるので

最近、ニキビ・ニキビ跡に効くという海外の美容液を発見しました!

現在は家に届くのを待っている状態ですが使ってみるのがとても楽しみです。

肌の悩みは多分この先減ることがなく、増え続ける一方でしょう。

しかし、この悩みをどう良くしていくか対策を考えていくことが私の楽しみの一つでもあります。

SNS、ネットで商品について調べて実際手にしてみる。

使ってみる前のわくわく感、効果があったときの喜び(もちろん効果が無いときもたくさんありますが・・)

この楽しさは「女に生まれてよかった!」と思える瞬間の一つであると思います。

なのでこれからも、肌の悩みとうまく付き合っていきたいです。

お肌の悩みについてはニキビ

にきび(ニキビ)は主に思春期に発症し、思春期のシンボルとも言われますが、20代・30代でもにきびで悩む方は多くいらっしゃいます。思春期後のにきびは、大人にきびと表現されることもあり、にきび以外にもにきび痕や毛穴の目立ち、乾燥などといった複数の肌悩みも持つ傾向にあります。http://www.welhamgreen.org/
にきびは皮脂の分泌の多い思春期に経験することが多いことから、皮脂が原因と思われがちですが、過剰な皮脂分泌だけが原因ではありません。年齢・ホルモンバランス・ストレス・生活習慣の乱れ・間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が複雑にお肌に影響を与えます。これらの要因によってお肌のターンオーバーが乱れ、古い角質や過剰に分泌された皮脂などで毛穴がつまることによってはじまります。

にきび肌のスキンケアでは、にきびができにくい肌環境にととのえることが大切です。お肌を清潔に保ち、にきび肌に適したうるおいを補給し、毛穴のつまりを防ぎましょう。

スキンケアの基本はお肌を清潔にし(洗浄)、うるおいを与え(保湿)、紫外線からまもり(遮光)、美しくよそおう(メイク)ことです。基本をしっかりおこなうことで、皮膚を健康で正常な状態に保つことができます。

過剰な皮脂や洗い残った化粧品などは、にきびの悪化の原因になります。にきび肌に適したメイク落としや洗顔料を選択し、お肌を清潔に保つことが、にきび肌のスキンケアの第一歩です。洗顔料を使った洗顔は1日2回(朝晩)が目安です。

洗顔後はお肌にうるおいを与えましょう。油分の入った化粧品はにきびの原因になるかもしれないと、乳液や保湿クリームを使うことに不安がある方もいらっしゃるかもしれません。化粧水のみの保湿ではお肌のうるおいを十分に保つことができないため、お肌はすぐに乾燥してしまいます。お肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、古い角質がたまりやすくなり、毛穴がつまる原因にもなります。適度な保湿をすることで肌質がよくなり、過剰な皮脂もコントロールされます。にきび肌に適した化粧水、乳液やクリームを使ってお肌にしっかりとうるおいを与えましょう。

また紫外線もにきびが悪化する原因のひとつです。紫外線によって活性酸素が発生し、皮膚のバリア機能が低下します。これによってお肌は乾燥し、毛穴がつまりやすくなり、にきびの悪化にもつながります。外出の際にはサンスクリーン剤(日やけ止め)を塗り、紫外線をカットしましょう!

皮膚科が最強?市販の限界とは?

女性お笑い芸人が出演していたCMに「ニキビには皮膚科が一番!」といったキャッチコピーのものがありました。

あのCMは正解ですね。

これは私の体験談ですが、「もう少し早く皮膚科に行っていれば…」といったキャッチコピーのポスターが美容皮膚科に貼ってあるのを見たことがあります。

これも大正解ですね。

http://swachhtaactionplan.com/

つまり、何が言いたいかというと、「肌トラブルには皮膚科が最強」ということです。

市販の化粧水やクリームの成分は肌にあまり浸透しないため、軽い保湿効果しかないといった研究結果があるらしいですが、これも半分正解で半分間違いです。

正しくは、「最低でも8000円から10000円以内の化粧品には一定の効果がある」が正解です。

高いものにはそれなりの成分をきちんと配合しているので、安いものよりかは肌に馴染んでいきます。

しかし、肌のケアのために月に何万も払うのはお財布が可愛そうですよね?

そこで美容皮膚科を利用して肌のケアをするのです。保険の効くレーザーや、格安のシミ消しなどを行ってくれる美容皮膚科もあるので、自分の住んでいる地域にある皮膚科をよく調べてみると良いかと思います。

まとめとして、何万もかけて市販の化粧品を買うのは考え方によっては勿体ないです_φ(・_・

それより格安でより高度な治療を施してくれる皮膚科を検討してみましょう!

シミと肝斑の治療は一緒じゃない!!

私の肌質は乾燥肌の24歳です。ヴィオテラスCセラム

10代のスキンケアは洗顔、化粧水、乳液だけでしたが、

思春期時代、乾燥肌のこともあり顔に油分が少ないためニキビなど出来にくく周りから肌綺麗と言われてきました。

なのでそれで充分だと思っていました。

しかし、20歳を過ぎたあたりから両頬に薄くシミのようなものが浮かび上がってきました。私は知人に美容クリニックで勤めているカウンセラーがいたためフォトフェイシャルなどシミを薄くする施術を21歳頃からしてきました。

しかし1年近く施術を続けましたか一向に良くなりません、むしろ濃くなってきました。なので皮膚科の専門の先生に見てもらったところ私のはシミではなく肝斑と言われるシミの一種でした。

肝斑もシミの一種ならフォトフェイシャルでも消えるはずと私はその時思いましたが、肝斑は肝斑専用のレーザー治療でないとかえって悪化させてしまうという説明をその時されました。

肝斑はシミと違い若いときから出るシミの一種だそうで紫外線はあまり関係しておらず、女性ホルモンのバランスが原因だったり、乾燥肌、摩擦が原因と言われておりますが明確な治療方法がないとも言われているそうです。

今現在、肝斑は毎日飲み薬と塗り薬を続け、月に1度肝斑専用レーザーを受けておりますが消えてはおりません。

フォトフェイシャルによって一度濃くなってしまったので結構な時間がかかってしまうそうです。

私はもっと早くちゃんと肌を見てもらって正しい治療法を知っていたら今ごろ肝斑もなくなっていたのにと後悔しております。

ですので、これを読んだ方は私と同じ失敗をしないようどんなシミなのか専用の先生に診てもらうことおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ストッキングを履くと脚が乾燥します。

50代の女性です。

10年前くらいから、

脚の乾燥について悩んでいます。

普段、真夏以外は、ストッキングやタイツを履くことがあります。

ストッキングを何日か続けて履くと、脚のスネが乾燥してかゆくなります。

赤味も伴います。ワセリンを塗って様子を見ますが、ひどくなる時もあります。

寒い冬の時期はタイツを履きます。タイツでも同じように乾燥してかゆくなります。

寒いし、履かないわけにもいかず、毎年困っています。

他の身体の部分は特に問題はありません。

毎日脚に保湿クリームを塗ればいいのですが、乾燥が収まって落ち着くと

クリームを塗るのを忘れてしまい、またぶり返します。

同じような症状の方って結構いらっしゃるのでしょうか?

ストッキングやタイツの素材が肌に合わないのですかね。

化学繊維が良くないのでしょうか・・・

http://issp18.org/

でも肌着は化学繊維のモノを見に着けても大丈夫ですし、

ホント脚のスネだけなんです。

かゆくて一回掻きだすと我慢できずにポリポリ掻いてしまいます。

そうすると真っ赤っかです。

だいたいいつも同じメーカーのモノを気に入って履いているのですが、

メーカーを変えてみるのもいいですかね。

毎日丁寧にお手入れすればいいのでしょうが、

いつも痒くなってから「あ、しまった!」という感じです(笑)

何かいい方法があれば知りたいです!

敏感肌のお肌のお手入れは?おすすめの基礎化粧品とお手入れ方法

■自分にあう肌のお手入れは?敏感肌さんのお悩みと肌トラブル

シロジャムを徹底評価!効果なしで効かないという口コミ・評判は嘘?

冬場の乾燥や、ニキビや吹き出物、など肌にトラブルはつきものですが、世間にはたくさんの基礎化粧品があっても、敏感肌さんが使えるものはほんのわずかです。

ここでは敏感肌の筆者が、敏感肌の方におすすめしたいお肌にあう化粧水選びや、おすすめ商品、お手入れ方法をご紹介します。

■敏感肌さんの化粧水選び

敏感肌さんが上手にスキンケアをするためには自分にあう化粧水を探すことがとても大切です。

お肌につけたときにしみたり、赤みがでるものは避けましょう。

■敏感肌さんのニキビや吹き出物の対処法

ニキビを防ぐには一般的には洗顔と保湿が大切といわれています。また、しっかりと栄養をとりよく眠ることもお肌にとって大切です。

基本のお手入れがとても重要ですが、自分の肌にあわないと感じるニキビ用の製品を使い続けないことが大切です。

解決しない場合は皮膚科を受診することがおすすめです。皮膚科の先生に自分の肌の状態を相談し、お薬を処方してもらいましょう。

■化粧水は何がいい?敏感肌さんにおすすめの基礎化粧品

・キュレル

ドラッグストアで購入できる敏感肌向けの化粧水です。

美白や年齢肌など自分のなりたい肌にあわせて種類を選べることもメリットです。

・ミノン

こちらのドラッグストアで簡単に購入できる敏感肌向けのスキンケア商品です。

価格はキュレルより少しだけ高いのですが、美容成分がキュレルとは違います。

・dプログラム

こちらもドラッグストアで購入できる敏感肌向けの商品です。

dプログラムの強みは、季節にあわせてプラスしたい商品を出しているところです。

■お手入れの方法は?敏感肌さんにおすすめのスキンケア方法

敏感肌にあうスキンケア製品を使い、普通のお肌の方と同じようにお手入れしましょう。

特にメイク落としや洗顔は重要です。汚れをしっかり落とし、しっかり保湿してあげましょう。

・メイク落とし

・洗顔

・化粧水

・美容液

・乳液

・保湿クリームや日焼け止め

などの順番で行うとよいでしょう。

【まとめ】

敏感肌だからといってお肌のお手入れをあきらめることはありません。自分のお肌にあう基礎化粧品をみつけ、毎日しっかり続けることが大切です。

ご紹介した敏感肌用の基礎化粧品はほんの一部。読者の皆様もドラッグストアやコスメショップで自分にあう商品を見つけてみてください。

ガングロギャルの後悔

きれいなお肌は清潔感を表すのに大切なポイントです。

人の第一印象は顔とよく言います。

シロジャム(Sirojam)の最安値通販は?購入して3ヶ月間使った効果と私の口コミを辛口評価でお届け!

女性の化粧は時代によって流行があり、

トレンドによって「きれい」の見せ方が変わります。

ところで昔のトレンドに従った結果、

後悔している人も中にはいるようです。

今美白がもてはやされる中、

90年代から2000年代にガングロギャルだった世代の方で、

シミに悩む人が大勢いるという事です。

つかの間の青春で中年以降はずっとシミに悩まされるなんて

嫌ですよね。

しかし、個人差はあるものの、

同じ世代なのに全くシミがない方も多くいらっしゃいます。

彼女たちの何がこんなに違いを分けたのか調べてみると、

あることが分かりました。

まず最もシミと関係があると言われているのが紫外線です。

ギャルたちは若いころ小麦色の肌を作るために、

日焼けをしまくったわけです。

ところがギャルファッションに興味がわかなかった方は、

若いころから日焼け止めクリームを使っていた方が多いそうです。

その他にも、

夜の街に繰り出してしまう子も多かったので、

生活習慣が崩れやすく、

肌のターンオーバーの効率を落としてしまう事もありますし、

当時20代だった方などは、

飲みに行った夜にそのまま酔いつぶれて濃いメイクのまま寝落ちしてしまう方も

いたため、

総合的に肌にダメージが蓄積し、

代謝が落ちる年齢になって一気に肌ダメージのしわ寄せがやってきた、

という方が多いのです。

メイクファッションのトレンドを見るときに注意が必要なのは、

メイクが10年や20年後に自分に対してどのような影響を与えるか考えた方がよさそうです。

人生100年時代を少しでも長くきれいでいられるように頑張りましょう。

年齢が表れやすい手のシミとシワの悩み

私は40代前半だが、手の甲のシミと乾燥によるシワに悩んでいる。細かい茶色のシミが年々増えてきて、気がついたら乾燥でガサガサになっている。手が綺麗な人は女子力が高く、細かいところまで自分をいたわっているなと感じる。手は人の視線が集まりやすく、年齢が表れやすい部位でもあるので、どうにかならないかと真剣に悩んでいる。

ヴィオテラスCセラムの効果

子どもの友達に「〇〇ちゃんのママ、手がしわしわでおばあさんみたいだね。茶色いぽつぽつは何?」と言われたことがありショックだった。手だけ見ると60代に見えるだろう。なぜこんなにも手の甲にシミとシワが増えてしまったのか。

間違いなく20代の時にちゃんとした日焼け対策をしていなかったからだと思う。真夏のカンカン照りの時でも、日焼け止めも塗らずに自転車で幼稚園の送迎をしていた。20代の頃は子育てで精一杯で、自分のことは全て後回しにしていた。

あの時少しでも自分のケアに気をつけていればと今になって悔やまれる。10年後にシミとなって出てくるとは思ってもいなかったのだから。子育てが落ち着いた今では、少しの外出でも季節を問わずしっかりと日焼け止めを塗り、自転車に乗るときは手袋やアームカバーを必ずつけている。顔用の保湿剤とハンドクリームをたっぷり塗りまくり、乾燥しないように心掛けている。

鼻炎だけじゃない?!花粉の時期の辛い肌荒れ

少しずつ暖かい日が増えるとともに、鼻がムズムズ、目がシパシパ。2月、3月は花粉症の人にとっては辛い季節。でも花粉で感じる不快感は鼻や目のみで止まらないのでは?

そう、鼻や目に痒みを感じるのと同様に、お肌も痒くなったり赤みをおびた炎症が起きてしまったり。さらに辛いのは、普段使っている化粧水や乳液、美容液などの効果が感じられなくなったり、最悪、使えないほどお肌がひりついてしまったり。

今まで効果を感じていたお気に入りのスキンケア化粧品を、洗顔後に塗布して綺麗なお肌になる自分を想像しながら使用するスキンケアタイムは自分だけの幸せな時間、、、だったはず。花粉とともに一転お気に入りのスキンケアアイテムでお肌に触れるのが辛いのは心にもお財布にも悲しい事実。

どう乗り切る花粉の時期ハダキララは評判悪い?

とはいえ、スキンケアをせずに過ごすわけにもいきません。

大切なことは刺激を与えないこと、保湿をしっかりと行うことではないでしょうか。

洗顔料のみで落とせるファンデーションやお湯で落とせるマスカラなど、落とす負担が少ないものを使用してみるのはいかがでしょうか。

ゴシゴシとこすると、花粉で敏感な肌をより傷つけてしまう可能性もあります。

保湿に重点を置く

保湿をすることで肌の内部の潤いを保つように低刺激の化粧水をたっぷりつける、クリームで蓋をするなど基本的なことをもう一度見直して見ましょう。

大人ニキビは治りが遅い

そのニキビ、何回目でしょうか。ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、腸内環境の変化、間違ったスキンケアなどがニキビの原因です。ストレスは、自律神経に影響を及ぼして、バリア機能(免疫力)を弱めてニキビ菌の増殖を許しています。http://www.dinnerinthesky.net/

睡眠不足は、皮膚のダメージ修復がうまくいかず、古い角質が残ったままになります。ホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足が原因です。

また、女性の場合、生理前で黄体ホルモンが多く分泌され、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。腸内環境の変化は、体の冷え・偏った食事が原因です。間違ったスキンケアは、洗浄・保湿・遮光・メイクがお肌への刺激になっている可能性が考えられます。つまり、ニキビは様々な肌へのダメージが積み重なってできた産物であるということです。

大人ニキビは、女性外来に置いて、ニキビ患者の約10%が皮膚心身病に該当するとの研究もあります。皮膚心身病とは、皮膚が心理社会的因子の影響を受けやすいと捉えられています。その心理社会的因子とは、ストレスを指しており、仕事の負担や職場の人間関係といった職業上の問題が最も多いようです。

私は、このニキビ発生の元凶となるストレス因子に対処する方法として、ストレス発散や気晴らし、休養をとることを勧めます。あなたにとってのストレス発散とはなんでしょうか。友人と出かける、映画を観に行く、散歩にいく、料理をする、など大切なのは、自分が開放されていると感じることであると考えています。ぜひ思い浮かんだものを、実践してみて下さい。

筋トレで原因不明のシコリニキビが!

筋トレをはじめてニキビができ始めたなんて人は結構いらっしゃるとおもいます。数日中に治るのならともかく、ニキビの中でも特に治りにくいシコリニキビができ始めると、非常にやっかいなことに。

http://velikirat.com/

ここでは筋トレによるシコリニキビの原因についてお話していければとおもいます。

そもそも私がシコリニキビに悩まされ始めたのは、本格的な筋トレをはじめて数週間がたったころでした。ポチっとした、なんのへんてつもない赤ニキビが両頬に。

食事、睡眠を規則正しく。あとは余っているニキビ治療薬で治るでしょ(笑)遅めの思春期にきび思春期にきび♪と、気にせずにいると・・・

これが消えない消えない!

どころか、いくら清潔にしても、食事管理を徹底しても良くなっていく様子はなく。それどころか悪化する一方。

1か月で両頬に痛々しく頑丈な1センチだいのニキビが20個ほどできてしまいました。

急いでお医者さんへ行くと、ニキビではなく毛嚢炎(毛包炎)という診断結果が。

ニキビのようにアクネ菌による炎症ではなく、毛嚢炎は毛根に雑菌が繁殖することでできるデキモノとのこと。

私はもともと顔から皮脂が多く出る体質でした。筋トレによりテストステロン値が上昇、顔から出る脂の量も増え、常に顔中湿度の高い状態になっているところに雑菌(黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌)が繁殖してしまった。これが今回の筋トレニキビの原因とのことでした。

個人的に毛嚢炎はニキビ跡になりやすいデキモノだと思います。わたしと同じように、筋トレによってシコリニキビができはじめたという方は、まぁ数日中に治るでしょと考えず、いち早く専用の薬を処方してもらうことをオススメします。

クレーターニキビはまるで遥かなる月面

中学二年くらいからだろうか。ニキビが顔にでき始めた。膿が破れて出でくるのにも何時しか馴れて、お米型の固まったそれを爪で起用に半分にしたり潰したりして気が付けば手遊びの相棒となっていた。

市販の薬を塗っても無意識に触っているのか、もう落ちていた。消毒成分の入った人気の商品は、肌がヒリヒリして終了した。何時しか諦めていたのか、ろくに皮膚科に行った記憶もない。気が付けば立派な月面の様なクレーター肌になっていた。

シロジャム

原因を考えるとお酒は白ワインが好きで、特に甲州(山梨品種)の11%が好きだ。というか、それしか飲めない。急に40を過ぎた位からビールをうまく感じなくなった。ウイスキーはスッコチ系、日本酒は純米、そして本格焼酎が大好きで、酒を愛していた。が、ある日突然、まずく感じた。

頭もいたい。いい酒を飲んでも、アルコールのえぐみだけが口いっぱいに広がる。

そして、ニキビの原因も、このお酒問題の原因も,『腸』だという結論にたどり着いていくのだ。無限に湧き出てくるニキビにステロイド薬を塗りながらも、整腸剤とビタミンb系の栄養剤を飲んでみた。とにかく自分でできるセルフケアをやってみた。軽いヨガやウオーキングも取り入れた。そして現在、あんなに繰り返していたニキビが出なくなった。お通じも良くなった。

大人ニキビの予防は生活習慣から

大人ニキビは、いつの間にか出来てしまうやっかいなもの。そして、スキンケアなどで対策をしていても繰り返し出来てしまいます。http://www.watermarkskiclub.com/

私も数年にわたり、大人ニキビに悩む一人です。そんな私が大人ニキビ対策として現在実践しているのは、規則正しい生活を送るというシンプルなもの。

大人ニキビは様々な原因で出来るとはよく言われますよね。特に、不規則な生活習慣でも大人ニキビが出来やすくなってしまうとはよく言われるものです。

そこで、食事・睡眠などの基本的なところを正してみることに。

食事は、しっかりたんぱく質を取りつつ栄養バランスを考えて3食取る。食事で満足感を出して、甘い間食は少しずつ減らす。脂っこいものなどは余分な油を取ってしまいニキビの原因になるので控える。

睡眠は、23時までには就寝するようにしてお肌のゴールデンタイムにはしっかり睡眠をとれる状態にする。これを基本に、早寝早起きの習慣をつけることにしました。

上記の内容を実践してから、体調やホルモンバランスの変化で時折大人ニキビが出来ることはあるものの、悪化することも減り、治りも早くなりました。

スキンケアでの大人ニキビ対策はもちろん重要ですが、やはり規則正しい生活習慣は肌によっても大切なことだなと感じています。

海外のスキンケア事情を紹介します。

現在の日本では様々なスキンケア用品が売られています。

化粧水に始まって、保湿液、顔パック、美容クリームなどなど。たくさんの種類がありますね。海外でも日本と同じくらい使われているのでしょうか?

調べてみると、海外では事情が違うようです。やはり、お国が違うとスキンケアに対する方法も違ってくるといいます。ヨーロッパでは、化粧水をメーク落としで使用しています。代わりに、ブランド物のスキンケアクリームを家族で共有して、アメリカでも同じような使われ方をしています。

やっぱり効果なし?シロジャムを購入して3ヶ月間使った私の口コミ&評価!

日本を含む、東アジアではスキンケアに、インドネシアやタイなどの東南アジアでは、メークのほうに力を入れているのだそうです。日本では化粧水とクリームのように合わせて使うのが多いそうですが、中国、北京などでは一つ一つ単独で使うのだそうです。美白などについてもアジア圏の人は、お肌が敏感で混合肌の人が多く、ニキビや紫外線によるシミ、そばかすなどができやすいので、さまざまな商品が出てきて売られているということなのだそうです。

日本では四季もあって、春はまだ心地いいけど夏は暑かったり、梅雨の時期があったり、冬になると寒くなったりと、なにかと忙しい国なので、そのときどきで使うものを変えたりして、ちゃんとケアをしていかなくてはいけないと私の友人が言っていたのを思い出しました。女性は、けっこう大変な思いをして日々を過ごしているのだなと改めて思いました。

アンチエイジングは忙しい

若い頃から色白とよく言われ美白には関心がありました。30歳頃からシミが気になりはじめ、気がつけば大きくなってしまいました。これはまずいとハイチオールCを飲んだら、なんとか薄く小さくなりほっとしました。それからは美白に力をいれなきゃと思い、美白効果のある化粧水や美容液を選んでいました。

シミがなくなることはないけど、目立って増えるわけではないので、まあ安心していました。40代になると、今度はほうれい線に気づきました。歳をとると本当にできるんだとびっくりしました。化粧水を塗り込んでみるものの、たいした対策をしていないのですが。そして50代に入ると、目の下にたるみができてしまいました。確実に歳をとっていくんだなと実感しました。慌ててリフトアップの美容液を、まずはお試しと小さいサイズを購入してみました。

これから寒い季節になると、乾燥がひどくなり顔も身体もカサカサになります。ファンデーションもうまくつかなくなるので、保湿も必要です。美白に保湿にリフトアップともう大変です。あれこれ揃えるのも大変だし、きちんとお手入れをするのか?という問題もあります。

スキンケアはなるべく簡単にすませたいと思っているので。土台の肌がきれいでないと、メイクもきれいにできないしスキンケアは大事ですね、歳をとるほど。でも老けたくないし、いつまでも若々しくいたいので、できるだけがんばります。

秋の美白ケアのコツをご紹介します。

とても暑い暑い夏がやっと過ぎましたね。

今までの真夏でUVケアを頑張っていても紫外線が強力な夏はシミの原因になってしまい、冷えたエアコンで肌が乾燥して、肌は強いダメージを受けてしまいます。

美白ケアは秋が最適なので、美肌ケアのコツをご紹介致します。

秋に表れる夏のダメージは、化粧のノリが悪い、今までなかったシミができてしまった。肌色が悪くなった、肌がゴワゴワして、毛穴が目立つようになった。

夏のお肌に蓄積されたメラニンはターンオーバーの働きにより皮膚の表面に現れて体外に排出されますがターンオーバーが上手くいかないと排出が滞ってしまいシミになってしまいます。

上記にあげたターンオーバーとは、皮膚の細胞が一定のサイクル(28日間=約1ヶ月)で新しい細胞に生まれ変わっていくという新陳代謝のことです。

お肌のターンオーバーを促す栄養素をご紹介致します。

・ビタミンA:かぼちゃ・にんじん・豚肉、鶏のレバー・うなぎ

・ビタミンB群:豚肉・大豆・卵・乳製品など

・ビタミンC:いちご・みかんなどの果物・レンコン・さつまいも・白菜

・ビタミンE:アボカド・赤ピーマン・ナッツ・ごま・ブロッコリー

以上で「秋の美白ケア」についてでした。

ターンオーバーを促す栄養素には秋の味覚も含まれていますので栄養バランスを考えながら秋の美白ケアを行っていきましょう。

紫外線対策には、日焼け止めが重要です。

日焼けをしたくない女性はとても多いと思います。

年齢を重ねると、日焼けでシミ、そばかすが出やすくなったりと悩みの1つでもあります。

女性の皆さんは「いつまでも美しい肌を保ちたい」と願っていると思われますので、紫外線からお肌を保護する対策をご紹介致します。

紫外線対策は、年間を通して行う事が必要です。

紫外線量が1番多いと言われているのは5月ですが、冬でもその半分から3分の1の紫外線量があります。

日焼け止めの選び方は、SPFは肌を赤くしてしまう紫外線を防ぐ大きさを表しています。PAは肌をすぐに黒くするのを防ぎます。

PA+~PA++++までの4段階で、+が多いほど紫外線を防ぐことが期待されます。

SPF30、PA+++の顔用日焼け止めクリームは肌がデリケートの方にお勧めです。

SPF50、PA++++は汗や水にも強く顔やボディにも使用出来るウォータープルータイプです。

また、日傘・帽子・サングラスを使うことによって肌や目を紫外線から守ることが出来ます。

以上で紫外線対策でした。

紫外線のダメージは蓄積されていき、忘れた頃にシミやそばかすになることがありますので、自分の肌を守るためにも上記のような対策を参考にしていただけたらと思います。

体に欠かせない葉酸は妊婦さんや美容に必要

葉酸と美容は、欠かせない栄養です。

葉酸は、生まれた時から老齢になるまで、健康に欠かせない栄養です。

特に妊婦さんには多く必要とされます。

しかし、体内で生成できず、食事かサプリで摂る必要があります。

蓄積できず、使われない葉酸の成分は体外に排出されるので日々摂る必要があります。

貧血予防は健康を保ち美容に繋がります。

美容には、健康な体である必要があります。

これは女性に限ることではないです。

近年は男性も美容に力を入れていると思います。

葉酸は貧血予防に効果があります。

一般的な貧血と悪性貧血があり、一般的な貧血は鉄分不足が原因ですが、悪性貧血は葉酸とビタミンB12の不足が原因です。

葉酸には造血作用があります。

骨髄の中で活発な細胞分裂が起きることにより、造血が行われます。

この細胞分裂に葉酸が必要になります。

貧血になると、顔色が悪くお肌の状態も悪くなると思います。

貧血にならないように葉酸を積極的に摂りたいと思います。

美容に大きく関係します。

新陳代謝を上げることは、血行促進となり美肌に良い影響を与えます。

これは活発な細胞分裂に必要な葉酸効能のおかげです。

さらに脂肪を燃やす働きや、腸内活動を活発化し腸内環境も良くなります。

腸内環境が向上するということは、お肌のハリや艶が良くなります。

このように葉酸は健康や美容に欠かせないです。

もちろん、他のビタミンやミネラルも必要です。

バランスも考えて食事から摂りたいと思いますが、どうしても不足する場合は、サプリを上手く利用します。